マネジメント

プロジェクト推進時における、問題点や悩みごとは千差万別である現状において、単にPMBOK等のフレームワークの導入だけでは解決できない現実があります。
そこで、プロジェクトを成し遂げるためのノウハウやナレッジを持ったマネジメントの専門家が、PMOとしてプロジェクトの強力な推進をご支援致します。

【支援例1】成功へ導くためのプロジェクト計画書/実行計画書作成支援

5W+1H

プロジェクトを成功に導くためには、その羅針盤となるプロジェクト計画書が不可欠です。弊社では、その計画を確実に具現化するために、プロジェクトメンバーに対する任務(ミッション)と遂行方法を明確にするための実行計画書作成をお勧めしております。

ご支援ステップ例

  1. プロジェクトメンバーの協力を仰ぎながら、PMの意思がステークホルダーと合意されたプロジェクト計画書として策定できる様に、プロジェクト計画書を作成
  2. プロジェクト計画書にて、明確になったプロジェクトの前提条件、工程毎の開始/終了条件から、リスクを洗出し
  3. 合意されたプロジェクト計画書を具現化するために、洗出したリスクに留意しながら「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どの様に」「どの位のコスト」で行うかについての実行計画書の作成

実行計画

プロジェク立上げ時の計画段階では、要件が曖昧であったり、詳細情報が得られなかったりするから、全ての実行計画を策定するのは現実的でないことから、プロジェクト目標(期限、概算予算、要件概要、効果)位しか決められない場合があります。そこで、PMBOKで示されている手法:段階的詳細化(ローリング・ウェーブ計画法 (Rolling Wave Planning))を用いて、該当工程の計画に必要な情報が得られるタイミングでその工程の計画を詳細化することが一般的です。またプロジェクトが進むことにより、日程変更、要件変更、要員調達不可等の想定外の事象に遭遇することは日常茶飯事でもあります。
従って、プロジェクト計画書や実行計画書はプロジェクトを取り巻く外部環境、また内部環境の変化に応じて是正を続ける必要があります。弊社のPMOはマネジメントの専門家として、この変化を機敏に捉え、それぞれのプロジェクト特性に適合した計画書の作成および是正をご支援致します。

【支援例2】プロジェクト状況を把握するための「見える化」の仕組み作り

SMART

プロジェクト状況を把握するためには、プロジェクトメンバが達成すべき目標を定め、指標化することが一般的です。弊社では、目標が確実に成果として、またプロジェックトゴールに結びつけられる様にするため、SMARTの法則を利用した目標設定をお勧めしています。

SMARTの法則

S:Specific
目標が明確で具体的であるか?
M:Mesurable
計測可能であるか?
(数値化されているか、もしくは達成状況が具体的な言葉で表現できるか?)
A:Agreed upon
プロジェクトメンバーと同意がされ、実現可能か?
R:Realistic
現実的な目標であり、実行計画と乖離がないか?
T:Time-bound
期限が明確に定められており、プロジェクト計画と合っているか?

ご支援ステップ例

  1. プロジェクトゴールである目的を達成するために必要な目標を、漏れが無い様にプロジェクト、チーム、メンバーそれぞれの視点で洗出し。
  2. 洗い出した目標に対して重要なものを選別し、SMARTの法則に従って整理。
  3. 目標から計測可能な指標を導出し、その指標を捕捉するためのツールの整備および報告用テンプレートの策定。

お役立ちメモ 品質の作り込みについて

品質

目標を設定する場合に、成果物を作成することだけに着目しまったり、品質については検証工程で確認すれば良いとの考えから、品質目標が置き去りになる場合が多々見受けられます。このため、各工程での品質の作り込みがされず、プロジェクト後半で大慌てすることもしばしば見られます。この様な事態とならない様に、弊社のPMOはマネジメントの専門家として、それぞれのプロジェクト特性に応じた品質指標を提言致します。

弊社PMOが行動指針の拠り所としている『スターPMのコンピテンシー』のご紹介

  • 全体把握と洞察力:
    長い経験に基づく様々な問題解決ができる
    どんなに複雑な状況や課題も問題の核心をつかむ事ができる
  • 強い達成意思と使命感:
    自己顕示や断言性からでなく、何を達成して貢献したいという願望から、事を必ず成就させたいという強い願望を持つ
  • メンバーのパフォーマンスの悪さには我慢しない一方で、客観的な見方、他者に共感した見方が出来る
  • 事を成し遂げるためには、既成のルールを破り、組織の壁に捉われない考え方や行動ができる
  • 力強さ、個人のエネルギー、情熱と誠意をもって組織の壁や協会を突破できる
  • 優れた政治的な外交的な技能と判断力を持つ
  • 現実をあるがままに、その人に示せる勇気を持ち、自分自身、他人の自己欺瞞と過度のナルシズムに左右されない
  • 楽観主義者である。問題も好機とみなす。一方プロジェクトメンバーの後ろ向きな行動や、やる気の欠如には容赦しない。
  • 勇気ある行動、カリスマ性、ほとばしる情熱の力で他者からの忠誠を得る