マーケティング

かつての「作れば売れる」時代から、今ではベネフィットと呼ばれる「お客様が認める付加価値」を提供しないと「もの」も「サービス」も売れない時代となりました。従って、新市場開拓や販路開拓等のマーケテイングを成功に導くには、付加価値を創出し、お客様の反応を見ながらその是正を繰り返す必要があります。

中小企業が狙うマーケティング戦略

ニッチを考える

弊社では、「大企業が標的としない隙間市場(ニッチ・マーケット)を狙い、自社の持っている『技術や商品』や『付帯サービス』と『お客様が得られるメリット』を融合させる」。」ことを中小企業が狙うマーケティング戦略の第一歩として推奨しています。

お役立ちメモ フィリップ・コトラーが提唱した競争地位戦略

リーダー(leader)
フルライン戦略
最大の市場シェアを誇り、多くの優位性を持つ企業。
チャレンジャー(challenger)
差別化戦略
リーダーに次ぐ市場シェアを持ち、リーダーの地位を視野に入れている企業。
フォロワー(follower)
追従戦略
リーダーやチャレンジャーに追随し、市場内で存続している企業
ニッチャー(nicher)
ニッチ戦略
ニッチ(すきま)を探り出して、独自市場でオンリーワンを築いている企業。

【支援例1】差別的優位性の導出

ビジネスプラン

ニッチ戦略とは、誰も進出していない市場を狙うことが一般的ですが、これを実現するには事業そのものの転換が必要となる場合があり容易ではありません。そこで弊社は、既存事業の「技術」、「商品」や「付帯サービス」を客観的に評価し、外部環境の動向を捉えながらお客様の欲求を理解したものに転化させる差別的優位性の導出支援を行っています。
「技術」、「商品」での差別化が難しい場合は、「付帯サービス」に注目して差別的優位性の導出を行います。

ご支援ステップ例

フレームワークを使った自社および取り巻く環境の分析を行い、次のステップを何度も繰り返して検証し、差別的優位性を導きます。

  1. ターゲットするお客様の明確化・絞込み
  2. 絞り込んだお客様は、どんなサービスを欲しがっているか
  3. どんな「技術」、「商品」、「付帯サービス」をお客様に提供できるか

分析に用いるフレームワーク

PEST
分析
「Politics(市場ルール変更等の政治的要因)」、「Economy(景気や金融市場動向等の経済的要因)」、Society(需要構造に影響を及ぼす社会的要因)、Technology(新技術、代替え技術等の技術的要因)」の4つのマクロ的な外部要因を分析によって未来を予想し、事業戦略を是正するための手法
3C
分析
「Customer(顧客→市場)」、「Competitor(競合→外部環境)」、「Company(自社→内部環境)」の3つの視点をバランス良く分析し、現状把握と今後の方向性を導き出す手法
SWOT
分析
自社の内部環境である「Strength(自社の強み)」と「Weakness(自社の弱み)」、外部環境である「Opportunity(自社のチャンスとなる機会)」、「Threat(自社を脅かす脅威)」の4つの視点から評価を行い、自社事業の現状分析から今後の戦略を導き出す手法

【ご支援例2】広告宣伝

アイデア、計画、アクションへ

お客様が必要とする「技術」、「商品」、「付帯サービス」を導出した次に行うが、広告宣伝になります。

ステップ例

準備・計画
  1. お客様に安心を与え、お客様が必要とする情報を持つコンテンツ設計
  2. お客様を情報の中核となるホームページへ導く導線の設計
  3. 効果測定指標の策定
制作・仕組み作り
  1. お客様へ訴求できるホームページ制作及び導線の組込
  2. リアル(現実)用コンテンツの制作
  3. 効果測定指標捕捉の仕組み作り
是正
  1. 効果測定結果の確認
  2. 是正処置検討(計画の見直し)
  3. 是正実施(コンテンツの修正、追加)

フィリップ・コトラーやドラッカーが唱えるマーケティングとは

どのような 価値を提供すればターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生み出し、顧客に届け、そこから利益を上げること

「マーケティング」の目的は、「セールス」を不要にしてしまうことだ。「マーケティング」の狙いは、顧客をよく知って理解し、商品が顧客に「はまり」、自然に「売れてしまう」ようにすることである。

マーケティングとは、製品と価値を生み出して他者と交換することによって、個人や団体が必要なものや欲しい物を手に入れる為に利用する社会上・経営上のプロセスである。