コンテンツ制作にご専念ください

コンテンツ記事の洗練/制作に専念して頂くために、ウェブサーバの構築/運用やCSS, JavaScript, PHP言語等の技術的なことはお任せ下さい。

コンテンツとは
ウェブサイト上のコンテンツとは、文章、画像、動画を指します。具体的には会社説明や商品説明であったり、事例、お客様の声などであったりします。
お客様は「コンテンツ」お見て、貴社のことを知り、他社との比較などを行い、問い合わせ等の行動を起こします。
すなわち「コンテンツ」とは、お客様と貴社とのつなぐ重要な手段です。

お客様とつなぐことができるコンテンツを制作できるのは、貴社のみです。
貴社が安心して、コンテンツ制作に専念して頂くために、当社は技術的面と運用面でご支援いたします。

この様なご経験やご要望を解決いたします

失敗

 自社でウェブサイトを製作したが、デザインやSNS連携等、うまくいかなかった

 スマホ等へのモバイル対応を行いたいが、手間がかかる。どうやって良いかわからない。

 メール環境も含め導入したい

 ウェブサイトのディスク容量やメールアカウント数等の制限を気にせず利用したい

 安全・安心なウェブサイトを運用したい

サービス概要

技術的なことはお任せ頂き 訴求効果の高いウェブサイトをご作成ください

2000年代初頭まではHTMLのみで作成することが多かったウェブサイト。現在では次の技術(言語)を用いて作成されています。これらの技術については当社にお任せください。HTMLの基礎的な知識だけで、訴求効果のウェブサイトが作成できる環境を提供いたします。

ウェブサイトに必要な技術

HTML(HyperText Markup Language)
Webサイトの骨組であるコンテンツを「文章」として記述するための言語。
最近では、2014年に勧告され、文章構造を表現する新しい要素が加わりシンプルとなったHTML5が主流。

CSS(Cascading Style Sheets)
HTMLで記述された Webサイトの「スタイル」(装飾)を指定するための言語。
レスポンシブ(モバイル)対応では、PC用、タブレット用、スマホ用とそれぞれの画面特性に合わせて複数のCSSを準備する。
最近では2011年から段階的に公開され、豊かなデザインや視覚的効果を実現できる様になったCSS3が主流。

JavaScript
フォームのエラーチェック等、Webページ上の文字や画像等をブラウザ側でインタラクティブに動かす仕掛け等を作るための言語。

PHP
SNSやECサイトなどのWebアプリとよばれるものを開発するためのプログラミング言語。
CMSで1番のシェアをもつWordPressのカスタマイズや、SQLと合わせてデータベースを用いたサイトで利用されることが多い言語。
※ご提供する環境にはMySQLが含まれています。

環境構築をお任せ頂き 安心してコンテンツの制作にご専念ください

Webサーバ環境構築

 公開サイトとは別にテストサイトをご用意。次のことが可能に!

 ウェブサイト公開前に、関係者で事前にウェブコンテンツの内容の確認や検証が可能
(テストサイトではHTTPS(SSL通信)の確認も可能)

 CMS(WordPress等)のバージョンアップ時の検証が可能

 公開サイトを維持したまま、テストサイトを利用することでサイトリニュアルが可能

※テストサイトは、参照できるユーザを「IPアドレス」もしくは「Basic認証」での制限となります

 もしものための自動バックアップ。いざという時には次の対処で!

 突然ウェブサイトが動作しなくなった(白い画面表示等)は、前日時点に戻し対処

 画像などの必要なファイルを削除してしまった場合、バックアップからの復活により対処

 ウェブ領域は30世代、データベースは10世代までを毎日深夜帯に自動バックアップ
※バックアップは、ファイルの総数:70,000まで、総容量:10GB、ディレクトリ構造:40階層までとなります。

サイバーセキュリティ

 ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用する多様な攻撃について検出、防御。安心してご利用を!

WAF(Web Application Firewall)によるアクセス内容を検査し、特徴的なパラメタが含まれていた場合にその通信を遮断。

主な脅威

 クロスサイトスクリプティング
掲示板等のウェブサイトへ、悪意のあるスクリプトの埋め込み

 SQLインジェクション
データベースシステムを不正に操作(情報漏えい、改ざん)

 ディレクトリトラバーサル
管理者が公開(許可)していないファイルを不正にクセス

 OSコマンドインジェクション
OSに対する命令文(コマンド)を紛れ込ませて不正にサーバーを操作

※ウェブサイト/DBのディスク容量について制限はございませんが、サーバーの稼働状況に影響を与える占有率の高いお客さまには、ご利用方法のご相談をさせていただく場合があります。

運用をお任せ頂き お客様とつなぐためのコンテンツの制作にご専念ください

運用サポート

 サイト維持運用

 ドメイン管理:登録/更新

 SSLサーバー証明書管理:登録/更新

 CMS(WordPress等)管理:バージョンアップ時の確認・更新

 ブラウザバージョンアップ等、主要ページに対する表示内容確認・対応

 コンテンツ維持運用

 リンク切れチェック(常時)

 アクセスレポート提供(1回/月)

 固有ページ更新代行(2回まで/月)

 メール運用

次の機能をもつメール環境のご提供とメールアドレスの登録/削除の代行(2回まで/月)

 クロスサイトスクリプティング
掲示板等のウェブサイトへ、悪意のあるスクリプトの埋め込み

 無制限のメールアカウント/メーリングリスト

 ウイルスチェック・スパムチェック

 ウェブメール(50アカウントまで)

※メールアカウント数、メールボックス容量について制限はございませんが、サーバーの稼働状況に影響を与える占有率の高いお客さまには、ご利用方法のご相談をさせていただく場合があります。

コンテンツ記事の洗練/制作に専念できるウェブサイト環境構築の流れ

  1. 無料相談会(2時間まで)

    お悩みごとやご要望からイメージ合わせを行い、次の事項の共有やウェブサイト要件概要を見出します。

     ウェブサイトの目的

     貴社のビジネスの特徴

     デザイン(お気に入りサイト、競合サイト)

     構築するページ数概算(掲載内容やページ構成)

     コンテンツ素材(図、写真等)

     CMS(Contents Management System)導入要否(当社ではWordPressを推奨)

     スマホ等へのモバイル対応要否と種類

     SNS対応要否と種類

     スケジュール・ご予算

  2. 設計

    要件に従い、掲載する情報を整理やレイアウト決め等のワイヤーフレームを設計

  3. デザイン作成

    プロトタイプによる基本的な確認をしながら、ユーザーインターフェースを構築

  4. コンテンツ作成

    テキストや図・写真等をご準備頂き、ウェブサイトに相応しくなる様に加工
    ※基本的に貴社作業となります。

  5. サーバ環境構築

    貴社ご指定のドメインでウェブサーバ及びメールサーバ環境を構築

  6. ウェブページ作成

    文章構造やHTML構文が最適となる様にテキストや図・写真等のコンテンツをウェブページ化
    必要なSNS連携等の設定も実施

  7. テスト/校正・検証

    HTMLやCSS文法チェック、複数のOS、ブラウザーチェックなどテスト/校正を行い、テストサイトへリリース
    テストサイトにおける貴社のご確認

  8. 公開サイトへリリース/運用開始

    貴社のご確認後に公開サイトへリリースし、運用を開始

よくあるご質問

モバイル対応へのレスポンシブ化だけでも依頼できますか。
レスポンシブ化対応だけも承ることができます。
コンテンツ作成に自信がありません。
どの様なお客様に、貴社のどの様な目的で、どの様なサービスを提供したいかをご検討・整理されることが一番の近道となります。
ご必要な場合、別契約でのアドバイスを致します。
現行ウェブサイトの保守をお願いできますか
当社が提供する環境へ移行を前提に、保守対応が可能です。